こんにちはWelcome to maris_present.jp!!
商品の制作工程について
トップページへ戻る 商品の特徴について 商品アイテムについて サイト運営について お問い合わせについて

外部装飾編
・生成りの生地を切り出します。


・ご注文の色に染める為に染め液で、染め作業を行います。(作業後、陰干し)

・ご注文にもよりますが、柄物をご用命、頂いている場合は、1回目の染め作業を終えた
 生地にステンシルまたは、刺繍などを施します。

・色落ち止め液へ生地を入れ、生地を落ち着かせる作業を行います。(作業後、陰干し)

・陰干し後の生地に、アイロンをかけて、正確な寸法にカットします。

・カットの終わった生地に、プレスライン及び、縫製用のガイドラインを折りで解る様に、

折り型へ重ね合わせます。

・折り型にそって、生地を折り、アイロンをあて、生地へプレスラインを設けます。

・生地に設けたプレスラインを、参考に、縫製作業に掛かります。


内部の芯地編

・最も特徴的な芯地を作ります。

・型をあて、生成り芯地を切り出します。

・大剣側の芯地へは、芯地本体とは異なる弾性を持ったガイドを設ける為、芯地本体へ
ガイドを”入れ子”状に、ノットの来る辺りへ設け与えます。
(このガイドによる効果をお客様へ提供したく、こちらのサイトを立ち上げ、プレゼンテーション しております。)

・切り出しておいた、小剣側の芯地と縫い合わせます。


仕上げ編

・外部装飾部と内部の芯地を縫い合わせます。

・外部装飾部と内部の芯地が正しい位置関係になる様に、仮重ねをします、この仮重ねを
参考に、外装を裏返し、芯地と縫い合わせます、この作業からは手縫いになります。

・縫い終えたなら、小剣から大剣に向けて、外装部に出来たトンネル状の筒の中をくぐら
せて、外装を表に出し、ネクタイを本来の形ちにします。

・かんぬき縫いを小剣と大剣に施し、ネームタグを縫い合わせます。

・アイロンをあて、仕上がり状態を確認し問題が無ければ、発送の準備になります。